春のめぐる

    
不安はいつも待っている
あたりまえの顔で
薄紅色のセロファンで 
つつんだような頬をして

校舎を廻った廃園
傾いだ石畳の行きあたり
君はつめたい指で水仙の葉を撫で
音楽室から降るピアノの音に包まれて
窓は 曇り空の午前十時を映したまま
白く並んで黙る

あなたの在り処を忘れたのですか

池の底のようなところから
顔をあらわす此の気持ち
深く垂れこめたまなざしに気づかれた……

東から吹く風は        
睫毛にふれて
指さす君の白い腕に 
しみるような 春の bowing



            草原 遙  2004.3.17.