蔦は、自分以外のものを身体、というか骨格に使って生きている。
 外見はその骨格に左右される部分が大きいので、這い伝う相手によって表現が大きく変わる。

 ぱらぱらと風に鳴って気持ちいい群れ。