みなせの詩篇へ *UP*

bbs 


  はだ色の空
     ~たぶん

       プレゼンテッド ば~い みなせ
                 
しゃしんも

    ○月×日   「あやしい外人」

 新しい職場に移り、キンチョーでごちごちだった(ウソ)肩の力も抜け始めたある日。
 多忙のせいかずっとイライラしていた上司の火山が噴火。朝から2時間以上の火砕流。四方八方に流れ出す。
 オイオイと思っていたら、案の定みなせ村もおそわれる。

「オレはぶどうの房なんだ!! 重くて重くて仕方のない房なんだ!! お前らにわけたいんだああ……」
「野球というのは…… 云々」

 どんどん話がそれてゆくというか、噴火した本人も自らの火砕流にやられたもよう。
 色々な事にたとえすぎて、もはや収拾不能。
 最後には

「ソンナジャ ダメネェー」

 と、あやしい外人になる始末。

 それからというもの、時間がもったいないと言いながら午前中2時間は噴火をくり返し、同僚は辟易。
 みなせはというと、何を言われてもあやしい外人が頭の中をめぐり、一人心の中で笑うのでした。

 ってなワケで、彼の怒りは、みなせにはちぃーとも届いてはおりませんでしたとさ。

   「今日もあやしい外人だぁ
    お怒り Maxねぇ…… ぷっ」

    ○月×日   「カーテン」

 はっ!! すごい事に気付いてしまいました。
 いえ、ずっと疑ってはおりましたとも。
 この日、とうとう、疑惑が確信になりました。
 昇格です。

 上司の後頭部…… カーテンが開いていたのです。
 開け放ったカーテンのむこうに、肌色の空が広がって……。
 いやおうなく、みなせの想像はふくらむわけで。

 あそこが肌色なら、波平さん? ザビエル ではないだろう。
 もう仕事どころではありません。
 そんなみなせの心の中を、知ってか知らずか、
 
" ピコーン "
 と、同僚からの社内メール。
 そこにあったのは、   上司と波平さんの似顔絵。
 みなせ 死亡……。     K君、それは反則です。

 ちなみに トイレには、あわせ鏡用のちっさい鏡がおいてあります。

  次頁

              Topへ