○月×日   「カビ」

 今日も今日とて カーテン上司と仲良しさん。
 何の話からそうなったのか、多分 風呂そうじ。
 ジムとプールで汗を流し、自宅で風呂は使わないので、ここ何か月もそうじをした事がないとか。
 んで カビ なわけです。

 「カビは黒いよな?」
 「ごはん、みどり色になってたんだけど
  あれは何よ?」

  え? え?   「みどりのごはん?」   
  ん? ん?

 はっ!!

  「カビです!! カビ!!
   それはカビ!!」

 もうカビ以外の何者でもありません。

 「えっ? あれはカビなのか? ニオイしなかったし、
  みそ汁に入れて くっちゃったぞ。なんともなかったけどなぁ」

 だ、誰か、彼にカビというものを教えて下さい。
 今だに あの時のみどりのごはん = カビのはえたごはんだとは思ってないのです。
 たまには 部下の言う事も信じて下さい。


 しかし   なんともないわけないと 思うの。
 一日に 何度も ぶりぶり しちゃうの。
 本人は お通じが大変よろしい と思ってるの。
 それって おなかこわしてるって 思うの。
 どうよ。

前頁

        次頁