凍りすぎた心は

血を流すほどの傷にも

無感覚でいられたのに


とけはじめたこの心は

こんなちっぽけな傷にでさえ

悲鳴をあげそうで

   

   

   


< 詩篇2へ >

                みなせのTopへ